私と子どもに贈る物語

日々新たに… 思うまま感じるままを綴る 子育てと自分探しのお話

自分を『楽』にする

自分が楽しいと自分が楽(らく)になる。


ここ一年で感じることです。



結婚してから特に

自分の気持ちに蓋をしていました。



暗いトンネルをとぼとぼ歩き、


トンネルを抜けたと思ったら、

今度は透明なトンネルを歩き続けていた。



広い世界は見えるのに、そこに行けないのです。


そのトンネルは自分が作ったもの

だとも気付かずに…。



『自分のために』

『自分が楽しくないと意味がない』


と気付かせてくれたのは、

生まれて間もなく光となった、三女のお陰です。



話すと長くなるけれど、

MFICU(母体・胎児集中治療管理室)に
一ヶ月入院したり、

本当に心も体も辛かったな。



とにかく

『三女の分まで私が楽しく生きよう!』


と思いました。


こんなことになるまで、気付きませんでした。

悔しかったです。



ようやく自分の気持ちをオープンにして、

少しずつやりたいことを始めました。


自分が思っていることをストレートに話すようにしました。



結婚して

旦那さんのため、子どものため、家族のため、

という思考。


独身で自由を謳歌していた時代が懐かしかった。



子どもと遊ぶのは楽しいけれど、

自分の自由はありません。


旦那さんといても楽しいとは思いませんでした。



負の感情で頭の中がいっぱいでした。



「そんな10年だったな~」

と話したら、


「それがあったから今がある」

なんて、分かったようなこと言ってました。



今から旦那さんとキャッチボールします。


どうしてもキャッチボールがしたいんだって。