私と子どもに贈る物語

日々新たに… 思うまま感じるままを綴る 子育てと自分探しのお話

いろいろ。

私の中で色々あった。

 

仕事を辞めた。

突然の退職だったのに、花束を頂いて嬉しかった。

 

探し求めていた橋本祥路さん編曲「冬が来る前に」の楽譜を手に入れた!

オークションで発見。30年前の楽譜を持っている方がいるなんて!

諦めなくてよかった。

 

母が退院した。

弟とも母とも一悶着あり、ついついヒートアップ。

おかしいと思った時、分かってほしい時、口調が強くなってしまう私。

相変わらず。。

けれど、冷静に人の話をきちんと理解してから話せるようになった。

 

12年間共に過ごした洗濯機に「ありがとう」

と最後の言葉をかけていたら、旦那がビデオを撮り始めて恥ずかしかった。

ドラムから縦型に変えた。

 

今年もひな祭りは子どもたちと「ちらし寿司」をつくった。

 

旦那と協力して立水栓の排水場を作ったけれど、レンガで囲っただけでは

化粧石の重みでずれるので、モルタルで固めた方がよい。

またいつか。。

 

夏までの菜園スケジュールを大雑把に決めた。

ジャガイモ種芋、小松菜、リーフレタス、ニンジンの種を植えた。

 

胃腸の調子が良くなく、初めて胃カメラをやった。

想像より辛くなかった。

自分の胃を見て、感激。

先生に「つやつやピカピカの綺麗な胃ですよ!あまり気にし過ぎないように。」

と言われ、ルンルン気分。(油断は禁物)

やはり、そろそろゆらぎ世代?

 

長女が「体育で足を捻挫した」と学校から連絡あり。

その週は送り迎え。

接骨院に行ったけど大したことはなかった。

実はひと月前の私の捻挫の方が重傷だった。

 

次女が「私も公文の数字(算数)をやりたい!」というので体験。

宿題も張り切っていて今のところ楽しそう。

お迎えが大変。

 

金ちゃんの水を全替えした。

12月以来だ。

金ちゃんとっても嬉しそうに優雅に泳ぐ。

私も嬉しい。

なんとも穏やな一日だった。

 

最近ウオーキングという名の「ご近所の畑と庭めぐり」を始めた。

何が植わっているか、どんな畑かを見ていると参考になるし楽しい。

 

自分の料理に飽きてきた。

雑誌を参考に新しい料理に挑戦中。

そういえば、結婚式ではもう「つわり」が始まっていて、

きちんと料理に向き合ってこなかったな。

 

図書館が再開した。

「土と内臓」という本を読んでいる。

目に見えない、微生物の世界。

土も人も動植物もこの目に見えない生物と共に生きている。

 

次女は「なずずこのっぺ?」という絵本を大そう気に入っている。

虫語を解読する楽しさ。

 

 

やっと母から素直な言葉が聞けた。

 

クロッカスの花が咲いた。

 

毎晩、子どもの寝顔に「かわいいね」とささやく。

毎朝、金んちゃんや庭を眺める幸せ。

 

 

まだあったのかもしれないけれど、今は思い出せない。

 

とりあえず、ようやく落ち着いた。

 

 

 

植物と片付けと森さんと

先週の私は、「森さん発言問題」で頭が混乱。

 

時折陥る、考えすぎて深みにはまる。


頭の中が「平等」てなんだ??

息苦しいぞ。

生き苦しい。。

 

性別に用いる以外(いや性別もダメかも)の

「男性は・・・」

「女性は・・・」

という表現はなくなるてこと??

 

じゃあ、レディースランチ、レディースデイ、女性専用○○はどう説明するの?

 

歌や文学、そういうところでも使ってはいけないの?

 

誰かが、「女ってさ~」とか「男ってさ~」なんて言おうものなら

あの嫌な「空気」に包まれる?

 

 

それとも、森さんは公の場で、世界中の関心が集まる中で、

あの発言をしたのが間違いだったの?

 

あれが奥さんにこぼした愚痴で、

「あなた!そんなこと言ったらまた大変なことになりますよ!!」

なんてたしなめられてたら、問題なかったの??

 

頭の中で独り言を呟いていましたら、本当に息が苦しくなりまして、

外に出ました。

 f:id:kin_mop87:20210222143930j:plain

(アリウムの葉の雪解け水がまるで宝石のよう)

 

お日様の光を浴びて輝く植物たちの力強い成長ぶりに、

「人間だけだよ。そんなこと言ってるのは。」と一言こぼれました。

 

 

「部屋を片付けよう!」

頭が混乱したとき、気分を変えたいときは

植物を眺めたり、

部屋を片付けるのがいい。

 

まだまだ片付けるところ、整理するところがいっぱいあるしね。

 

来週辺りから野菜も始めよう!

楽しみだな。

 

 

 

 

 

車のサイン

車を運転していると「ハザード」や「パッシング」で会話することがありますね。

 

あれに『憧れる』という話です。

 

私は「サンキューハザード」か、

青信号に気付いていない前方の車に軽く「クラクション」でお知らせする。

それくらいかなぁ。

 

今朝、交差点を右折するため赤信号で停止していたら、

同じく先頭の対向車(直進)がハザードランプを一回点灯させたのです。

(今回は見逃しませんでしたよ!)

 

状況からし

「お先にどうぞ」という意味かな~と察しました。

 

そこは狭い交差点なので、

先頭の私が右折待ちをしていると後ろが詰まってしまうのです。

 

信号が青に変わると、やはり対向車は待っていてくれたので、

「ありがとう!」と手をあげて先に右折させてもらいまいした。

 

 

こういう「車のサイン」を使う人て、男性が多い気がするのですが。。

そう思うのは、私だけ??

 

そもそも「教習所で習ったかな~」

全く覚えていない…。

 

 

「今回は見逃しませんでしたよ」というのは、

私が20代の頃、そのありがたいサインに全く気付かず、

「捕まった」ということです。

 

その日、人と会う約束があり少し急いでいました。

 

直線の走りやすい道路。

前方からきた対向車が突然ライトを点滅させたのです。

 

「なんでこんなところでライト点けたんだ??」

 なんてあまり気にも留めず走っていたら、まんまとスピード違反で捕まりました。

 

 

落ち着いてから思い返し、ようやく合点がいったわけです。

「スピードの取り締まりをしているから減速しなさいよ!!気を付けなさいよ!!」

 

親切に教えてくれたのに、全く気付けなかった私。

おバカです。

 

 

『車のサイン』

まだ知らないこともあり、

「あれはどういう意味?」と旦那に聞く時があります。

 

パッシングで「どうぞお先に」

とやってみたいのですが、

ただ待つか、手で「どうぞ~」とジェスチャーしてしまう。

 

格好いい、

パッシングの「どうぞお先に」に憧れます。

 

 

 

 

 

地震と雪

明け方地震がありました。

(この辺りが震源地)

震度2だそうです。

 

眠気眼で、子供たちに頭まで布団をかぶせてやりました。

 

目覚ましが鳴り、カーテンを開けると、

白い世界が広がっておりました。

 

 

私、生まれてこの方、東海地方に住んでおりますが、

私の記憶の統計では

 

「雪の日に地震が多い」ということです。

(冬に限ったことですが)

 

冬に起きる地震は、銀世界の日が多いのですよ。

「今朝も、まただ!」と思いました。

 

このことを地震学者さんは知っているのかしら??

 

もしこれが本当なら、

私『ノーベル賞』ものですよ!!

 

「どうしよう!!」

「今から地震の研究をするのも楽しいのかも」

 

なんて、アホみたいなことを結構本気で考える人です。

 

 

それにしても、

「もう30年以上前から、この地方はいつ大きな地震がきてもおかしくない」

と言われていますから。

 

「備えあれば憂いなし」ですね。

 

新居で片付いていないものも多いので、見直さなくては!!

 

 

 

 

 

 

うちのパパさん

 f:id:kin_mop87:20210216134318j:plain

こういう絵を描く人です。

 

同じ世代の方、懐かしいのではないでしょうか?

 

kin-mop87.hateblo.jp

 

子ども達が作った切り絵に、皆が寝静まった後、描き上げてました(笑)

 

うちのパパさん、こういうキャラクター的な絵がとっても上手。

かわいいでしょ!

 

 

こんな可愛らしい絵を描くのに、めちゃくちゃポーカーフェイス。

愛読書は「BURRN!」

「ヘビメタ」と「F1」と「ダジャレ」をこよなく愛する男です。

 

私と似てるような似てないような。

 

音楽や図画工作が好きなのは似てるけど、好みが全然違ったり。

自然も好きだけと、彼は海派、私は山派。

 車のことは、私はさっぱり。

 

唯一、パパさんと完全に一致することがあります。

 

なんと、なんと、、

 

 

『誕生日が一緒なんです!!』

 

それを知ったときは、お互いびっくりでした。

 

 

こうして今も一緒にいる次第です。

 

 

そんなパパさん、たまにオモシロイことをしてくれます。

 

一番記憶に残っているは、

長女の幼稚園の運動会での出来事です。

 

当日、次女(1歳)が風邪気味で微熱がありました。が、元気はあります。

 

「少しだけでも家族全員で参加したい」

ということで、パパさんはあるものを持って会場に向かいました。

 

彼が運動場で広げたものは!!

 

 

「メルちゃんハウス」です。

 

メルちゃんハウスを観客席に広げ、次女をそこに寝かせたのです。

かなり目立ってました。

 

「メルちゃんハウスあるやん!」て。

そりゃ、みんなそう思いますわ。

 

我が夫ながら、なかなか面白い!

笑っちゃいました。

 

 

私、そういう自分が思いつかないことをする人に興味が湧きます。


大人でも子どもでも。

 

オモシロイ人、大好きです。

 

 

『家を購入したこと』

「この1年の変化」といえば、家を買ったことです。


その日は突然であり、用意していた日でもありました。

「いつかは新しい家に住みたいね!」が現実になったのですから。

(実はいつかの新居のために、
家具や家電など新しい家にも合うものを吟味して新調していました。ムフフ)



コロナ禍のある日、パパさんが
「家を買うか!」て言いだしたんです。

結婚して10年。
何度もお互いにそんな話が出ては見学会にも行きましが、いつも流れていました。


今回のパパさんの決意は違った!

次女はもうすぐ小学生になるし、この賃貸マンションでは狭い。
そして、たまたま近くにいい物件がある。

今でしょ!!」

ということで見学に行ったら、
「みんな気に入った」というわけです。


私が一番心配だったのは、やっぱり「お金」です。

私、「ローン」という考え方が好きではなかったのです。
だって利息を支払わなければならないでしょ!

それに税金やら維持費やら。


でも色々な契約を交わすうちに、
「銀行さんが大金を貸してくれるというんだから、そこはありがたくお借りします!」
という気持ちになりました。


現在住んでみて、戸建てに引っ越して正解でした。

結局お家て「箱」ですけど。

その箱が変わったことで、
気分よく過ごせて、できることが増えて。


子ども達が大きな声を出したり、走り回るたびに「シー」なんて言わなくていい。

楽器の演奏もできる。

憧れていたガーデニングや家庭菜園も。


『心も体も頭も開放的になった』のです。

私はそれを一番望んでいたのかもしれません。


ですけどお金のことは大事ですので、
現在ライフプランシミュレーションを作成中です。

予め、いつ頃どのくらいのお金が必要かを知っておくことで準備ができますし、
気持ちにゆとりが持てます。


いつまでも気分よく過ごせるように大切にしたい。
日頃のちょっとしたこまめなお手入れが大事ですね!


《今年やりたいこと》
●ポタジェガーデンを充実
●立水栓の排水場をDIY
●物置部屋の開かずの段ボールの中身を整頓
●株は、昨年あまり出来なかった短期トレードで攻める
●引き続きピアノを楽しむ
●たまにはトランペットも吹く
●子ども達と土日を充実させる
●お洒落をする
●梅ジュースづくり(次女とのお約束)
●ぬか漬け
●おやつ作り
●焼き物体験(長女とのお約束)
●見て盛り付けて美しい食器が欲しい
●読書
●友達に会いたい











お題「#この1年の変化」

『心に刺さる歌声』と「名探偵コナン」

「心に刺さる歌声」

 

久しぶりにそんなアーティストに出逢いました。

『all at once』

 

日曜のYouTubeライブ、素敵だったな~♡


きっかけは「名探偵コナン」のオープニング&エンディング曲です。

 https://youtu.be/AF2t8IGQkPo


これは私が感じたことですが、

男性ユニットで

あんなにまっすぐで、透き通った、芯のある、完璧な高音域の歌声

を初めて聴きました。

 

二人のハーモニーが頭に突き抜けるほどの響き!

 

また詞も曲も素敵なんですよね。

彼らの歌声がダイレクトに心に入ってくる。

 

子どもと一緒にテレビで見られたのもよかった。

コロナ禍だからこそ、家で、家族で、楽しむことができたわけです。

 

「いつか生で聴いてみたいね~」娘二人と話してました。

 

 

それにしても「名探偵コナン」長寿アニメですよね!

25周年です。

 

私が学生の頃から今まで、唯一見続けているアニメです。

子ども達も大好きです。

 

続編の時は、録画を何度も何度も見て誰が犯人がを推理します。

 

必ずどこかにヒントとなる絵や会話があります。

それを子ども達と見つけるのです。

真剣です。

これが楽しいのですよ!

 

 

私、昔からあまりテレビを見るほうではないですが、推理物は好きだったな。

 

渋いところでいえば「刑事コロンボ」(笑)

あのテーマ曲、独特ですよね。好きだな~。

あと古畑さん。

 

アニメは金田一少年の事件簿

(やっぱり、大して見てない)

 

おしり探偵も好きですよ。

 

「推理する」て楽しいですね!