私と子どもに贈る物語

日々新たに… 思うまま感じるままを綴る 子育てと自分探しのお話

『考えるひとへ』

f:id:kin_mop87:20200525160806j:plain




頭が何かでいっぱいになったら、


話してみる。






キミたちは何か考えてるの?



何を考えてるんだろう。





いや、何も考えてないのかな。






ずいぶん、気持ちよさそうに泳ぐね。

いいなぁ。





一体何を考えて過ごしてるのかな。



「お腹がすいたな~」

くらいは考えてる?





あとは、あとは何を?


何を毎日考えてるんだろう。







頭の中が

つまらない、くだらない考えに支配されたら、





そうなふうに考えるほうが

よっぽどいい。





キミたちのことを考えたら、

考えることもイヤじゃない。














さ、行こかな。

またね!









考える人より。

『白いぼうし』~今も変わらない国語の教科書より~

小学四年生、長女の「国語(上)の教科書」


私が習ったものと同じお話がいくつか載っています!

◯春のうた(詩)
◯白いぼうし
◯一つの花


ちなみに、一~三年生の教科書にも、読んだことのあるお話がいくつも入っていました。


覚えているもので、

◯くじらぐも
スイミー
◯スーホーの白い馬
◯ちいちゃんのかげおくり


『30年以上経っても、変わらない』


懐かしさと、驚き、嬉しさ!


『やっぱり本て素敵だな』

という思い。



音読中、長女から流れるお話を聞き、

当時の私が物語にどんな感情を抱いていたか、

パッとよみがえる!!



今回は

~【白いぼうし】あまん きみこ 作~


「これは、レモンのにおいですか。」


から始まる、タクシー運転手の「松井さん」に起こる、温かくて少し不思議なお話。



このお話の鮮明な記憶は『夏みかんの香り』です。


読むだけで、甘酸っぱい夏みかんの香りが漂ってくるのです。



あと印象的なのは、お話の最後。

「よかったね。」

「よかったよ。」

「よかったね。」

「よかったよ。」


この文章で、思い出す方もいるのでは!


これは、タクシーに乗っているはずの女の子がいなくなった団地の前の野原。
「ちょう」がたくさん飛んでいる野原から、聞こえた声です。


****************************************


車道のそばの白いぼうしを拾い上げた松井さん。


そのとたん、ふわっと何かが飛び出しました。


もんしろちょうです。

「ははぁ、わざわざここにおいたんだな」


松井さんは、何を思い付いたのか、急いで車にもどりました。

運転席から取り出したのは

あの夏みかんです。


日の光をそのままそめつけたような、見事な色でした。

すっぱい、いいにおいが、風であたりに広がりました。



車にもどると、おかっぱのかわいい女の子が、ちょこんと後ろのシートにすわっています。


「道に迷ったの。行っても行っても、四角い建物ばかりだもん。」



しばらくして、松井さんがふと、バックミラーをみるとだれもいません。

****************************************


松井さんの温かいお人柄、

ふわっとした柔らかい雰囲気に包まれるお話だなと思います。


さて、

男の子の帽子の中の「ちょう」は「夏みかん」に。


タクシーに乗っていたはずの「女の子」は「ちょう」だったのかな?



長女は「幻の人」だと言っています。




なかなか通常の授業に戻らない今、

音読のあと、お子さんとどんなお話だったかや、感想を言い合うのもいいかも。









今週のお題「遠くへ行きたい」

有意義だった自粛期間

ここ数日で急激な変化があり、

頭フル回転、気持ちの変化で疲れた~。



新たな始まりなるか!?


****************************************

自粛期間中、一番よかったこと。


ブログで

【自分の気持ちと向き合うこと】に集中できた。



特に『相手主体の生き方だった』

と気付いたことは、大きかった。



「相手のため」

と、人の心を読み、先回りして行動することが、

『人に良くすること』

だと思いこんでいた私。


●これだけ頑張っているのに報われない

●自分が何なのか分からなくなる


→ → 『疲れきってしまう』

を、繰り返してきた。



その考えを取っ払い、


『自分主体の生き方』

に方向転換し始めていたことを、ブログを書きながら気付いた。


それは

「自分が楽しい」

「自分のため」

であるということ。


※実際には『自分が主体である』とは気づいていなかったけど、
2年前から少しずつそれを始めていた。

●仕事を始めた

●私が使う車を購入

●株を始めた

●ブログを始めた


そうしたら、どんどん視界が広くなった。



そういえば、最近見つけた堀江さん(ホリエモン)の本の宣伝記事の、
この文章が気に入った!


堀江貴文「食べるために働く―そんな旧時代の固定観念は、さっさと捨てろ!」 | GetNavi web ゲットナビ

「何にも縛られることのなかった、かつての狩猟採集時代の興奮を取り戻していこうではないか」この部分が心に刺さった!さぁ、何を狩ろうか!!

2020/05/20 19:16


────────────────────────────────────────
スマホを持って、どう行動する? 何を狩りに行く?

その考え方が求められる。


僕たちは何にも縛られることのなかった、

かつての狩猟採集時代の興奮を取り戻していこうではないか。
────────────────────────────────────────


確かにスマホがあれば色々なことができますね。


そこから

『何にも縛られることのなかった狩猟採集時代の興奮』

という発想。



◆食べるために・生きるために生きていた時代


◆食べることがシステム化され、個人がどう生きるかという時代



一見まるで違う時代を

持っているものが『槍かスマホ』の違いで、


【何を狩るかは自由なんだ!】


という結び方。


その考え方にワクワクしました。




さぁ、何を狩ろうかな!!









お題「#おうち時間

アイデアが素敵!~おりがみカップ~


今朝、見つけた記事がおもしろかった!


withnews.jp


◆『折り紙』を使って「本物の器」にしちゃう発想

◆商機を直感し、行動した社長


『どちらもおもしろいな!』と思った。


今、テイクアウト需要が増える中、こちらは使えますね。

◯閉じた状態→カップ

◯広げると→お皿


さらに、

★耐水・耐油性あり

★電子レンジ・オーブン使用OK。



パン・ケーキ等の生地を入れた後、そのまま焼くこともできるし、

キャンプやおうちパーティで使ったらお洒落になりそう!


そのまま小さくたたんで捨てられるのもいいですね。



調べたら、ネットのショッピングモールでも販売してました。


どんなものか、試しに買ってみようかな♪







お題「#おうち時間

『駆け引きはしないよ』~ハートの種と~

これは、旦那に言われて『グッときた』言葉。

まだ出会って間もない頃だったと思うけど。


『ハッとした』言葉でもある。

「あ、無理しなくていいんだな~」て、素直に受け入れられた。


それを見抜いた旦那。

なかなかやるじゃないか(笑)


****************************************

今日は子ども達と植物の種を植えました。


母からもらった『フウセンカズラ』の種。

f:id:kin_mop87:20200516142820j:plain


めちゃくちゃかわいい!
「黒地に白いハート」になってるんですよ。


フウセンカズラ、昔から大好き。

f:id:kin_mop87:20200516143049j:plain

コレコレ!
ツルでどんどん伸びるので、グリーンカーテンにも最適。

うちはスペースの都合で、鉢で小さめに育てる予定。


本物の風船のようで、緑の風船を手でつぶすと、「パンッ」と音がなり、破裂します。

その中に種が入っています。


子どもの頃、楽しいから「パン、パン」何個もやってたな。。

種の色は「緑白」から、日が経つと「黒白」になります。
(本来は、風船が茶色になったら種を取る)



《育て方》

◆日当たりが良ければOK
◆土が乾いたら水やり

なので簡単なようです。



フウセンカズラ花言葉

◯あなたと飛び立ちたい、自由な心
◯あたなと共に
◯期待、魅力ある性格
◯多忙


花言葉を調べたら、とても素敵でした!






お題「#おうち時間

久しぶりに星空をみた~ひとりの時間~

昨日は、久しぶりに「ひとりの時間」が恋しくなって、みんなが寝静まってから、一人ベランダに出た。


風が心地よくて夜空もきれいだった。

といっても、周りは建物や街灯であまり星空を見渡すことはできないのだけど。。


昔から空を見上げることが大好きで、
昼間の空、夕焼けも大好きだけど、


夜空は格別。


多分、騒がしい昼間とは違って

静かで誰もいない空間が、自分一人のモノのように思えるからかな。


実家は星空が見渡せるほど、まぁまぁ田舎だったので、一人で外に出てよく夜空を見てたな。


星が大好きだったから、小学校の自由研究の題材にしたこともあった。



まず『北極星』を見つけて、

そこから「北斗七星」→「カシオペア座
季節や時間で全然見え方が違うからおもしろい。

夏は『夏の大三角
デネブ、ベカ、アルタイル

いつか、天の川を見たい☆☆

あと実家からはかろうじて見えた「さそり座」
赤星の光が、周りの星と別の雰囲気で不思議。



冬は『オリオン座』
オリオン座は、今の家からも見える。
3つ並んだ星が特徴的で好き。

あとは「冬の大三角

冬は空気が澄んでるから、星の輝きが違う。

もう一つ実家から見えた、あれは『すばる』かな。
いくつかのちっさな星がまとまって「点々々」て見えるの。

それを目を凝らして見るのが好きだった(笑)



星空を見てると、気持ちがスーーッと軽くなるのが分かる。


そういえば、上の子がまだ赤ちゃんの頃、夜しょっちゅうベランダに出てた。

あの時は、いつも
「このままどこかに行きたいな~」と思っては

「いかん、いかん」
と、現実に戻る。

そのくらい自由がなくなって、どうしようもなかったんだと思う。


私が夜一人で外に出たいと思うときは、
『心が疲れてきた』てことだな。

もともとひとりの時間が大好きだけど、
ここ数ヶ月『ひとりの時間』ないしな。


でも、昨日そう考えながら夜空を見てたら、スッキリした!


そろそろ、学校や仕事も再開だ。













お題「#おうち時間

「アヒージョ」を作ってくれた!

土曜にパパと子ども達がアヒージョを作ってくれました!

『母の日』ということで。

f:id:kin_mop87:20200511135623j:plain


しかも、事前にそれとなく私が食べたいものを聞いてくれてね。


「あれは、そういうことだったのか!」と。

そんなこと初めてで、めちゃくちゃ嬉しかった!!


普段パパは、ほぼ料理をしません。やる気もありません。(お義父さんは料理人なのにねっ)



アヒージョ、ずっと食べたいと思っていたけど、お店で食べるものだと思ってたんです。


「アヒージョの素」があるのですね!

パパが見つけて買ってきたのは、

https://www.amazon.co.jp/dp/B00GZJ5E0Q/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_UF3UEbFVFKPKE

ダイショー「アヒージョの素」
しかも『100円♪』


《材料》
●アヒージョの素
●オリーブオイル
●お好みの食材

《作り方》
アヒージョの素とオイルを混ぜて、切った材料を煮ただけのようです(笑)



さぁ、主役の「アヒージョ」、

グリルでこんがり焼かれた「豚肉ロース」と「チーズ」

白ワインとジュースで乾杯♪



アヒージョ、めちゃくちゃ美味しかった~!

今回は魚介だったけど、鶏肉も合いそうだね。


500円のボトルワインも高級になっちゃうよ(笑)



アヒージョは塩味がしっかりしてるので、

『これは絶対パスタに合うよね~!』

ということで、


〆に茹でたパスタを

『魚介と野菜の旨味たっぷりのアヒージョソース』に絡めたら

「アヒージョスパ」の出来上がり!!


これがまた、最高に美味しかったよ!

子ども達も

「おいしい、おいしい」

てペロリと食べちゃった。


もちろん、バゲットでも美味しいと思います。


『おうちアヒージョ』オススメです。



みんな、ありがとうね!!

ごちそうさま(о´∀`о)








お題「#おうち時間